夢実現!DIYで廃墟を花あふれる館へ再生させるブログ

田舎暮らし、海外生活、DIY、ガーデニング、アートを愛しています。

今日はアネモネが咲いた、とてもいい日。

アネモネ ホワイトシェード

 今日は快晴、とてもあたたかい。

我が家の庭は館の北側にあり

一年の半分はほぼ日陰です。

こちらは

「原種アネモネ フルゲンス ホワイトシェード」

とても美しい白です。

 

2017年の夏頃に球根を購入。

プランターで育てようと

植えてみました。

芽も出て

春を楽しみにしていたのですが

 その冬は寒波が厳しく

マイナス7度の日が続きました。

耐寒性が強い

「原種アネモネ フルゲンス ホワイトシェード」

もなんだかくじけてしまったようで

わたしのココロもくじけてしまいました。

 

2018年の春は、北側斜面の大改造に着手。

傾斜角30度の斜面を棚田のように切り開き

ヒノキの丸太で段々畑風にしました。

北側の庭 傾斜角30度 

これは2018年5月です。

貴重な日向の風景。

一年の半分だけね。

 

土を庭の下から運び 

段々畑風に仕上げました。

人力です。

 

ここはもともと“鬱蒼とした”竹林でした。

ダーリンが竹林を切り開き

一年経って

根っこを掘り出し始め

作ってくれた庭です。

 

竹林を切り開いて

二年経った今も

コツコツ

根っこを掘り出しています。

竹の根っこが弱ってきて

掘り出しやすく。。。といっても重労働ですが

根気よくダーリンは頑張っています。

わたしと違って

簡単に彼のココロはくじけないのです。

 

この段々畑風の庭を作っている時に

土が必要で、

「原種アネモネ フルゲンス ホワイトシェード」

を植えていたプランターの土も混ぜちゃったのです。

 

庭の改良が大仕事すぎて

どこに行ったかさっぱり不明だったのですけれど

土を混ぜた場所のすぐ下の斜面から

「原種アネモネ フルゲンス ホワイトシェード」

のお姿を発見。

 

“強い”

”美しい”

“サバイバー”

 

に夫婦でうっとり。

 

あと数個球根がどこかに埋まっているので

気が向いたら

ひょこり姿をみせてほしいです。